ABOUT

ウズファブリックとは

ウズファブリックはひとつの役目を終えた「生地=ファブリック」たちを、現在の東京的感覚でアップサイクルし、最後まで使い切ることを目的としてスタートしました。

ウズファブリックが最初に注目したのは、日本の伝統的な衣服である「着物」に使われている様々な布地。歴史があり良質で、日本独自の個性的なその生地たちは、その形から、着られなくなってしまったものが大量にある事を知りました。

まだまだ生地として素晴らしい魅力を持つそれらの布地を、デザイン性の高い現在(いま)の解釈で構築し、次の世代に渡して行く。そしてそれは最終的に「使い切る」という行為に繋がって行くこと。それがウズファブリックの取り組みです。

BACK